弁護士と司法試験について

弁護士は、様々な法律事務を依頼を受けて行っています。法律事務を行う専門家には、ほかに司法書士や行政書士などがありますが、弁護士は直接法廷で弁護を行うなど、行うことが出来る業務は他の専門家より多く、弁護士の資格だけで税理士業務を行ったり、本来の業務に付随する場合なら司法書士や行政書士の業務も行うことも出来ます。このように非常にステータスが高い資格でありますので、資格を取得するためには並大抵の努力では実現しません。一昔前は、東大を卒業するほどの学力を持ってもなかなか合格しない超難関資格の司法試験に合格し、司法修習を修了することにより弁護士になることが出来たのですが、現在は、法科大学院を修了し、新方式の司法試験に合格し、さらに司法修習を修了することによって弁護士になることが出来ます。現在の司法試験は、法科大学院制度が創設される前の司法試験に比べて合格率ははるかに高くなっていますが、それでも超難関資格であることには変わりありません。